Top > 仕事と就職 > 第2新卒の就職活動は

第2新卒の就職活動は

第2新卒ってどんな人?

GUM02_PH02082ss.jpg

転職市場では第二新卒という言葉がありますが、第二新卒とは一体何でしょうか。

第二新卒とは、学校の種類を問わず学校を卒業して初めて就職した人です。
就職後1年?3年未満で退職して転職しようとしている人達の事です。

最近では、短大や大学卒の新社会人の3割?4割が3年弱で退職してしまうというデータもあるようです。
就職して早々に会社を辞める人が多いという社会状況から、第二新卒という言葉が生まれたそうです。

この頃は第二新卒を積極的に採用しようとする会社も増加し、第二新卒はひとつのステータスとして定着しつつあります。
実際には多くの人が、第二新卒という定義に当てはまるかどうか、きちんと理解していない場合も少なくない様です。
自分が第二新卒であると間違って思い込んでいる人もいます。


転職活動をする時に応募する第二新卒という求人情報の条件に最初から間違っているという初歩的なミスもしかねません。
卒業後から就職まで留学やその他の活動による空白期間がある方や、卒業時期が秋だったという方は第二新卒とは見なされないことに注意をした方がいいでしょう。

求人と求職の条件がそもそも合致していなかったため、採用可能性がほぼない会社に応募してしまったという状況も発生しています。


社会人経験が1年?3年ある方が第二新卒なので、
細かな部分は会社によって異なりますが、第二新卒ではない新卒者は新卒あるいはフリーターとして採用企業側は見なし、該当外とされることがあります。

自分が第二新卒に該当するのかどうか、先入観だけで決めてしまわず、条件を見直してみると損をしないで済みます。


転職市場での第二新卒の企業評価は?

転職市場での第二新卒の企業評価についてです。採用する会社側が第二新卒に対してどういったスタンスでいるかを知ることは、第二新卒が就職活動を成功裏におさめるためのキーポイントです。
GUM02_PH02006ss.jpg


第二新卒にとって転職活動で気をつけなければならないような点は、前の会社を短期間で退職したことをどう評価されるかでしょう。

第二新卒であるというだけで、仕事が長続きしなかった人物と見なされることがあります。
勤続年数の長い、古参の会社員は特にそういう印象を持つようです。
第二新卒で転職する人が全てダメかというと決してそういう訳では無いはずです。
新卒で採用された会社を退職し、新たな職場を求めるのは何故かが説明できればいいのです。

最初に採用された会社を3年経たずに辞めたという職歴は消えません。
なぜ3年も経たずに退職をしたのか、現在再び職探しをしているのか、人によって理由は様々です。

新たな職場には何を求めるのか、自分が目指すものは何かをまずクリアにすることです。
新たな仕事を精力的にこなす気があることを相手に伝えることが大事です。

第二新卒を採用する会社が危惧していることは、せっかく採用しても、前の会社で働いた時と同様3年程度で退職してしまわないかということです。

会社が安心して採用を決められるよう、第二新卒者は転職活動に際しては長く勤めたいという熱意をきちんと伝えきれるかどうかを意識してください。

新卒ではない、第2新卒として、自分が企業側に与えることができるメリットをしっかりアピールするようにして、就職活動を成功させたいものですね。




仕事と就職

仕事や就職に関する情報などを掲載しています。こんな時期だからこそ、しっかり情報収集を、毎日の生活にちょっと役立つお話など。
関連エントリー
女性に人気の資格就職サイトの種類について第2新卒の就職活動は