Top > 金融と経済 > 国民年金をクレジットで支払いするには

国民年金をクレジットで支払いするには

GUM02_PH02077ss.jpg



クレジットカードの利便性は年を増す毎に強化されており、日々の買い物に使えるだけでなく、公共料金の支払いや国民年金の支払いにも重宝されています。

ポイント制度があるクレジットカードも多く、貯めたポイントを使って景品や商品券を取得するなどのサービスが受けられます。
所定の手続きを行うことで、クレジットカードで国民年金の自動引き落としができるという便利なシステムを使う人も多いようです。全期前納、半期納付、毎月の支払いいずれかの方法でクレジットカードでの国民年金の支払いができるといいます。

もしも400円の付加保険料があるという方は、同時に支払うことが可能です。ただし、納付期限が切れている国民年金や、一部免除がされている場合は、国民年金のクレジットカード払いは認められないそうです。



国民年金の支払い方法をクレジットカード払いでも認めることで、支払いの手段を増加させると共に、着実に支払われるだろう点が社会保険庁の狙いといえます。

国民保険を払う意思が全くない方や、今までもこれからも国民保険を払う予定が全くないという場合は、クレジットカードでの引き落としができても関係のない話です。

ただし、今後クレジットカードで国民年金の納付をしていきたいという場合は、どのような方法での支払いが得なのかを検討しなければならないでしょう。第一に考えるべき点は、どのクレジットカードで支払うかです。既にお持ちのクレジットカードで払うのも選択肢のひとつです。保険料の支払いは1人につき一年間で10数万円をオーバーするものです。

それを何年も支払うわけですから、検討には慎重を期する必要があります。クレジット払いで年金保険料を払う時には、使いやすいカード選択をすることがまず大事といえます。


国民年金のクレジット支払い方法について

クレジットでの国民年金の引き落としをしたい時に、必要な書類や条件は何があるか知っているでしょうか。

クレジットカードでの国民年金の支払い方法はこのようになっています。
申込み用紙がありますのて、クレジットで国民年金の払い込みをするための申込書を作ります。
申込みが終了すると、この後の国民年金保険料はまずカード会社によって支払われます。

ws000017.jpg


そして毎月の決算日に、カード会社へ支払うことになります。注意したいことは、金融機関等の窓口でクレジットカードを直接提示したり、その場で支払ったりする方法ではないことです。
この方法は、未払いの金額の支払いには使うことはできません。

お申込み受付とお取扱い開始時期は、お申込み受付が平成20年2月1日からです。平成20年3月分以降の国民年金保険料から、クレジットカードが使えるようになりました。

幾らずつの支払いをするかで条件は違います。毎月毎に保険料の支払いをする場合、割引額0で毎月末に支払いが生じます。

4月から翌年3月までの年金をまとめて支払うと、現金で支払いをした時と同じ割合での割引がつきます。1年分前納という形で、4月末に支払いが生じます。半年分支払い(前納)の方法もあります。4月分から9月分までの保険料を4月末に、10月分から翌年3月分までの保険料を10月末にそれぞれまとめて立て替えます。


事前にクレジットでの国民年金の払い方を調べて、利用するクレジットカードや支払いの形式、引き落とし時期などを考えて選んでください。
また、前納の割引などもぜひ考えていきたいものです。



PR >>>

金融関連のお悩みはファイナンシャルプランナー!
これからどんどん必要になるFPの資格保持者。
自分で学ぶ通信講座で、資格を取ろう!

FPの通信講座

おすすめのFP(ファイナンシャルプランナー)の通信講座を紹介しています


>>>>>>>>>>>>>
 


金融と経済

金融経済に関する情報。不景気なんて言ってられない!今だからこそ、できることって・・・。クレジットや金利、FXなど暮らしに役立つ情報を掲載中。
関連エントリー
国民年金をクレジットで支払いするには自動車ローンとフリーローン、そして銀行ローン