Top > 美容と健康 > グルコサミンとコンドロイチンって?

グルコサミンとコンドロイチンって?

GUM01_CL06006ss.jpg

アミノ酸に分類されているグルコサミンはお肌に良く健康効果も高いサプリメントとして関心を集めています。


エビ、カニといった甲殻類の殻からグルコサミンサプリメントは作られます。
天然の食材だけではグルコサミンを確保するのは難しいため、サプリメントでグルコサミンの補充を行うことに意味があります。

けれども、人体にグルコサミンがいいことは、それほど有名になってはいません。
体内でグルコサミンが欠乏すると軟骨が弱体化し、骨同士を繋ぐ機能がうまく働かなくなります。

リウマチや関節痛の原因にはグルコサミンが足りなくなって軟骨が骨をつなげる力が弱くなったことがあるといいます。

健康な軟骨の細胞というのは、日々生まれ変わることができます。日常的な動作の中で失われていく軟骨を再生するには、何らかの形でグルコサミンを補充する必要があるのです。

グルコサミンが体内で足りなくなると、軟骨がすり減った時にひざやひじの動作が苦しいものになってしまいます。膝や肘の関節に不具合を感じていらっしゃる方は、今のうちからグルコサミンのサプリメントで定期的にグルコサミンを摂取することをおすすめします。

爪や靱帯、皮膚などにもグルコサミンは重要な役割を持っています。グルコサミンのサプリメントは、将来の関節痛リスクを減らすためにも、今のうちに飲んでいく必要がある場合もあります。


コンドロイチンは、グルコサミンをサプリメントで摂取する時に合わせて摂取することを検討していただきたい成分です。

コンドロイチンとは、牛や豚ならびにサメなどの軟骨に含まれている成分です。
関節部分や靱帯など、体の要所を向上させるにコンドロイチンが役立ちます。
天然の食材から摂取することが難しいのはグルコサミンもコンドロイチンも同じなので、サプリメントの重要性はどちらも無視できません。

グルコサミンとの違いは、グルコサミンが関節の軟骨を形成するのに対し、コンドロイチンは軟骨の破壊を緩やかにするということです。
コンドロイチンとグルコサミンをサプリメントで摂取することで、関節炎や関節痛の対策を取りましょう。

コンドロイチンやグルコサミンは、それぞれ単品ではなく同時活用が軟骨の状態改善のポイントとなります。コンドロイチンとグルコサミンはまとめて摂取したい人が多いこともあって、1つのサプリメントで2種類の成分を一緒に摂取できるものもあります。一度両方が含まれたサプリメントを検討してみましょう。


GUM01_CL06106ss.jpg

1日当たりの効果的な摂取量は、コンドロイチン1200mgとグルコサミン1500mgとなります。グルコサミン5に対しコンドロイチン4が目安となるようです。

サプリメントは医薬品ではなく食品なので副作用や飲み合わせのリスクは低く、いずれのサプリメントでも安心して飲むことができます。

グルコサミンも、コンドロイチンも、成分も副作用や飲み合わせの心配はほとんど無いので、、安心してサプリメントを利用する事ができます。



いろいろなメーカーから、グルコサミン、コンドロイチンのサプリメントが発売になっています。 いろいろ比較して、自分にあったサプリメントを見つけるといいでしょう。 グルコサミンの比較サイトが参考になります。

 グルコサミン サプリメント【通販人気比較ランキング】

美容と健康

美容と健康に関する情報を提供中。雑誌やテレビで話題になった美容法、健康法、昔から伝わる情報など。
関連エントリー
中性脂肪にはカプサイシンサプリメントカルシウムサプリメントの重要性肌たるみの改善方法サプリメントアドバイザーとは?グルコサミンとコンドロイチンって?